スイスのルガーノに行っていましたが、滞在したホテルフェデラレルガーノに、全く持って偶然ですが、桐朋学園音大卒と在学生が、私も含めて5人も来ていました。正確にはそのうちのお二人は別の所に泊まり、生徒さんを送り届けただけですが、それにしても驚きました。

ただでさえ人数の少ない学校です。私も偶然ですが、やはり偶然にこの宿を取ったと言う、浦和でピアノを教えている後輩。

もう一人は大学2年生で、この後イタリアのベローナへ行くと言っていました。ご両親と三人の旅です。

あとのお二人はご夫婦で、何と桐朋学園ピアノ科の学部長で、しかも私と同門でした。毎年スイスのルガーノで過ごしていると言う、優雅なお二人でした。奥様もピアニストです。

浦和の方に会った時も驚きましたが、それから次々桐朋生が現れ、同じ場所と時期の偶然性と言えるか必然性と言えるか?

こんなことは我が人生において初めてです。在校生は隈研吾建築の素晴らしい校舎で学んでいますが、レッスン室が少なく練習ができないとこぼしていました。

ヨーロッパやアメリカに留学し、そのまま結婚や仕事に就いたりする同窓生が多い中、それでも滅多に起こらないことが起こった今回の旅でした。