半年後となったコンサートのプログラムを考え始めました。考え始めると時間を忘れ、気付いたら夜が明け始めました。

プログラムの格が決まると、生徒たちに何を弾かそうかと考えますが、1人決まるとほぼ見通しが立ちます。

全体の流れを見ながら、聴きに来てくださる方が音楽に耳を傾けてくださるように、例え拙い演奏でも心に残るような曲目選びをしていきたいです。

ピアノの演奏だけのピアノ発表会にならないよう工夫すれば、聴衆の方も楽しめます。やって来た音楽療法のセッションも取り入れればと、想像は膨らむばかりです。

それぞれの個性を生かし、彼らの能力を引き出す演奏曲目を考えていきます。