来年の5月に予定をしている、生徒たちのコンサート。譜読みから仕上がりに時間のかかる生徒には、既に曲を決めて練習を開始しています。

今日来た生徒は、既に学業を終え次なるステージを探していますが、そんな中で1曲はほぼ弾けるようになってきました。これからテンポを少しずつ上げていき、この生徒が今までに弾いたことのない曲の仕上がりになればいいなと思っています。

曲の途中でどこを弾いているか分からなくなるので、そういう時はフレーズ毎の違いを教え、何度も何度も弾いて頭と手に叩き込んでいきます。

1回言えば即理解する子もいれば、10回言って漸く浸透してくる子もいます。ステージに立てばそれぞれの過程は見えないのですから、どの生徒も自分自身の満足いく演奏をしてもらいたいですね。