施設に音楽療法に行っていましたが、共に歩んできた、音楽療法士になってまだ日の浅い相棒が育ってきたので、昨年末のクリスマスコンサートで身を引くことにしました。

仕事としては時には困難を伴いましたが、楽しい思い出も沢山あり、特に行って来た音楽療法を施設長が高く評価してくださったことで、苦労が報われました。

これからはプライベートの仕事を大切にし、コンサートに向け生徒たちと向き合っていきます。