1月も3週目に入り、いよいよコンサートに向けて、本格的にレッスン開始です。

生徒たちはそれぞれの事情で練習できない日もあるので、それを見越して譜読み→暗譜→曲の仕上げへと進んでいかなければなりません。

問題はそういった計画にのっとった練習過程を、生徒がやってくるかです。今日の生徒は大丈夫。きちんと真面目に練習を積み重ねる生徒です。

シューマンの小曲を3曲選んでありますが、そのうちの1曲は次回までに暗譜です。後の2曲の譜読みは今日からスタートしました。

メンデルスゾーンでロマン派の曲に少々慣れ親しんだので、、シューマンはだいぶん楽に取り掛かれています。それでも3曲仕上げるのは大変なので、場合によっては1曲減らそうと考えています。母との連弾曲もあるので、負担にならないようにです。

連弾の方は仕上げ段階にはまだ入っていないですが、ママと合わせるところまで双方が弾けているので、エンジンをかけて仕上げるのは、ソロの曲の目処が立ってからで大丈夫かと思います。

1人1人の生徒の能力に合わせ、みんながいい状態で演奏できるようにするのが、先生の大切な仕事です。頭をクリアにして頑張ります!