暫く出かけられなくなると思い、ヤマハに楽譜を買いに行きました。

生徒の譜面は、眼で見て耳で音を鳴らしてみなければ買えません。勿論、知っている曲は問題ないですが、この機会に先生のレパートリーを広げなければなりません。

ラフマニノフとストラヴィンスキーの楽譜を買ってきました。前回はショスタコーヴィチの曲を探し当てたので、やはり楽譜屋さんに時々行くといいことがあります。

さて驚いたのは、新学期と言うに楽譜を買いに来ている人がいなかったことです。とても深刻な状態であるのを、ヒシヒシと感じました。私も池袋に2ヶ月ぶりで出たし、この日に行かなければ、もしかして今年中は行けないかもしれないと言う、決死の覚悟で出掛けました。