5月のコンサートは当然ながら延期といたしました。いつに延期するかは、今のところ1年後ですが、情勢を見ているとそれももしかして難しいかも知れません。来年のこの時期にやるのならこの夏から準備にかかる必要があり、果たして遠くから来る生徒のレッスンができるかどうか?

こういう状態の時には、大人も子供も小さくてもいいから何か目的を持って生きて行かなければ、気持ちが沈んでいくばかりです。

コンサートがなくなったのだから、それまで練習していた曲を弾く必要はないと言う考えもあるかもしれませんが、私は全くそうは思いません。仕上がりはコンサートで演奏するほど良くなくとも、キッチリと終わらせる必要があります。何事も納得のいく終わり方をしておかなければ、色々な事を中途半端に終わらせてしまいます。

と言う訳で生徒たちには動画を送って貰い、悪い箇所を指摘しまた送ると言うのを繰り返し、ほぼ終わりに近づいてきました。

そう言う生徒たちに新しい曲を与え、また新たな気持ちで練習に励んでいることと思います。