ある生徒にとって難しい曲をコンサート用に与え、そのコンサートがなくなってしまい、せっかく練習してきた曲が宙に浮いてしまいましたが、その後約1カ月かけて曲を仕上げ、今日録音して送ってきました。

精一杯練習したことが伺われ、最後まできちんと仕上げて来たことで、これから何事も途中で諦めずにやり遂げてくれると思います。そう思わせるほど、生徒にとってはハードルの高い曲でしたが、私は楽しく聴くことができたし、生徒も楽しく弾けたと言っていました。

趣味でピアノを弾くのであれば、パーフェクトを目指す必要はありません。弾きたい曲や与えられた曲を精一杯練習をし、それぞれの実力に見合った仕上がりができれば、それでいいのではないでしょうか!

完璧を目指し、苦しい修業時代を経験してきた者にとっては、苦しみの前に楽しさを経験してもらいたいと言う思いが強いのです。