諦めずに練習する意欲を育てる・・・これは分からないできない教科があっても、諦めず勉強することにつながります。

何事も意欲は必要です。誰かに言われ嫌々やるのと、自分から進んでやるのでは、身に着き方が変わってきます。

私が自分から進んでピアノを練習するようになったのは、小学校5年生の時でした。あまりの意欲のなさに、母親が匙を投げ、ピアノを続けるのも止めるのも勝手にしなさいと言って来たのです。

その時から、眼の色を変えて練習をし始めました。小学校5年生が遅いか早いかは人それぞれですが、私はその時から受験する中学校3年の冬まで、自分の中に目的ができ、絶対に桐朋に入るのだという、ピアノに対する意欲が出てきました。

それまでは親に言われ怒られ嫌々ピアノに向かっていました。時には逃亡も試み、はだしで遊びに行き外を駆け回っていました。(田舎出身!)

母が見放したあの時期は、私にとってピンポイントでした。それからは、母は静かに私がピアノを練習するのを見守り続けてくれました。感謝しかありません。

小学校の間にこういった意欲を子どもに身につけさせることは、とても必要なことと、身を持って体験しています。教える立場でも、時として例外はありますが、親のいいなりは子どもの自立心が育たなくなります。親が敷いたレールを歩かせるだけではなく、そこを自立の第一歩にできたら、とても良いですね