ピアノは個人レッスンです。ですから生徒の資質を見極め、1人1人全く違う指導が可能となります。

小さい間は音を無理に覚えることはせず、自然に覚えるか或いは毎週二つか三つずつ覚えれば、気付いたらト音記号もヘ音記号も頭に入ります。ただし持続が必要で、文字のように常に接しているわけではないので、頭に入るまでは毎日1,2分、覚えた音符を五線紙に書けば定着していきます。音を覚えるまでは楽譜を使わず、鍵盤上で左右の指が同じように動くように教えていきます。

これを基本に、生徒の資質を見ながら、理論を先に入れたりリズム遊びをしたり先に音を覚えたりと、進めていきます。

今月5歳になったばかりのレッスンワンが始まりました。まだまだレッスン時間は短いですが、直ぐお姉さんお兄さんたちと同じ時間になりますよ。