来年のコンサートの練習を早めにスタートしましたが、今年のために練習していた曲にするか新しい曲にするかで、何人かの生徒が迷っています。

ただ日にちがタップリある中、同じ曲を練習していてもやる気の面でアップしていかないので、新しい曲も練習に励んでいます。

その一人の生徒は、ショパンにするかドビュッシーにするかですが、選曲したショパンが難し過ぎるので、練習用に続けましょうかと話し合っています。

来年のコンサートは、今までのコンサートと異なり、ピアノ演奏という原点に戻りそうです。

ハイドン・メンデルスゾーン・シューベルト・ショパン・ドビュッシー・カバレフスキー+近現代曲・・・バラエティーに富んでおります。

私も毎日様々な作曲家と向き合い、久々のザ・ピアノティーチャーです。