そこかしこで演奏会がぼちぼち開始し始めた途端、新型コロナウイルスの感染が拡大し始めました。

私の知人のピアニストは、ヨーロッパ留学を考えていた矢先に渡欧できなくなり、頓挫しています。有能な演奏者は、若いうちに留学をするのはとても重要で、この時期を無駄にしたくないと焦っているでしょう。

既に演奏者となった奏者も演奏する機会を奪われ、これからという時にどうなるのか!どの業界も厳しさを強いられている中で、生きて行くのにどうしても欠かせないという分野ではない音楽の世界。既にこの世界で活躍しようとしている演奏者にとって、とても厳しさを強いられることになりそうです。

桐朋学園・東京音大と両方に関わってきた私にとって、演奏者や教育者の未来はとても気掛かりです。