順調にレッスンが進んでいます。両手でメロディーをつむいでいる段階です。指がしっかりしていて、年中さんながらいい音を出します。自信がないとソット弾いていますが、間違えたら弾き直せばオーケーよと励ましながらレッスンを進めています。

この生徒に限らず、完璧じゃなきゃあダメと思い込んでいる子がいますが、上手く弾けたときはいいですが、間違えた時の落ち込みがひどくでてくるので、全てのことをパーフェクトにやらなくてはならないという感覚を、植え付けないよう教えています。

ピアノに限らず勉強面でも同じです。何事も自信が持てなくなると、前に進めなくなります。ピアノの練習過程で失敗をしながら弾けるようになる。これって小さいですが一つの成功体験です。やっていればできるようになるという感覚を、自信と共に同時に身につけることができます。