暗譜している生徒に左手だけ弾かせると、全く弾けないことが多々あります。

しかも譜読みもままならない生徒までいます。メロディーラインが右手にある時は、メロディーにつられ弾けているつもりになっています。

所が左手のハーモニーに耳や頭を傾けさせると、弾けないという事実が判明します。

ですから左手のみをシッカリ暗譜しさえすれば、本番でも怖くなくなります。

本番前は、左手のみ頭で追えるかやってみる必要があります。