ピアノの練習。少し弾けるようになって喜び、でも一晩明けたら又弾けなくなるの繰り返しです。同じ練習を根気強く続ける。自分にとって最善の音を出せるまで練習し続ける。こう言う果てしない努力が続けられるかどうかです。

これは勉強でもスポーツでも仕事でも、同じことが言えるのではないでしょうか?子どもの頃は親や先生に導かれ、大人になったら時間を自分で管理しながらやるべきことをやり、そして遊ぶ。

趣味でピアノを習い練習するにせよ、これ等のことができる生徒は、勉強も良くできました。頭を使って練習をし耳で自分の音を聴く。集中力が養われます。

特に昔教えていた生徒たちは、良く練習して来ました。今はピアノをする暇があったらゲームに興じ、塾通いで忙しく、この方程式が通用しなくなってきました。

塾通いして勉強漬けになっている今の子どもたちが、昔の子どもたちより優秀かと言うと、残念ながらそうとは言い切れません。自分の意思で勉強している子はいいですが、親の敷いたレールに乗っかている子は、意欲・意志・意識などが気薄になっています。

家にいる時間が多くなった今、もし家にピアノがあるなら、ゲーム機に向かわずピアノに向かってほしい!と願っています。