ピアノをずっと小さい時から弾き続け、ピアノを教えることが職業となり、今も練習をしていますが、ある時期全くピアノから離れたことがあります。

学校時代の先生が厳し過ぎて、自分には能力がないと思い込み、気付いたらピアノから離れていました。ですが今再び練習を開始し6,7年になりますが、いまだかつてのレベルに達していません。練習時間が少ない上に真剣に練習した訳でなく、何となく楽しんで好きな曲ばかり弾いていたので、当然と言えば当然です。

最近はショパンのエチュードを弾いたり以前より真剣に練習し始めて、音質が少し戻ってきました。つい2か月前までは、自分の出す音のひどさに腹を立てながら練習していましたが、やはりコツコツと続けるのは大切です。

いい音で弾けるようになると、更に上を目指したくなります。自分自身で目標を作り、日々過ごすのがいかに大切か実感しています。