土曜日のレッスンが終了し、ホッとしています。まだ日曜日のレッスンが残っていますが、今年も元気よく「来年も宜しくお願いします」「よいお年をお迎えください」などと挨拶をして帰っていきました。

今日来た生徒たちの1年間の成長は凄いものがあり、子どもの持っている力を感じました。

1人の生徒はコンサート用の曲を3曲ほぼ仕上げ、ホッとしています。いつ緊急事態宣言が出されるか分からない状況下で、来られる時に来て取り敢えず形を作っておかなくては、4月に発表できません。

もう一人の生徒は、ピアノは演奏しませんが、コンサートで弾く作曲家のレポートを書いています。自分で調べてきて、私と一緒に話し合いながら手直しをしています。

他の生徒も、毎週通ってくる生徒たちの仕上がり具合は順調です。

問題は卒業生たち!前向きに練習する気持ちに欠け、先生としてはもうどうにでもなれと言った気分です。

さてさて、明日来る卒業生の一人はどんな仕上がりでしょう?心配と楽しみの狭間で、今宵ゆっくる眠られるか!