先生の注意をすぐ直せる生徒と時間のかかる生徒がいます。

直せない生徒でもコツコツ練習をし、時間がかかっても結局、同じように弾けるようになることもありますが、勘の良い生徒は音を直ぐに聴き分けることができ、言われたことを1度で直すことができます。先生にとってはこう言う生徒はとても楽な生徒ですが、時として練習をサボる傾向にあります。何故ならすぐ弾けるようになってしまうので、努力をする必要がない訳です。

趣味で弾いているピアノで、何も時間をかけて努力する必要もないと思いがちかも知れませんが、そうでもありません。ピアノで努力の足りない生徒は、全てにおいて適当な人生を送ってしまうというのが経験上言える事です。例外もあるでしょうが・・・

直感力や勘が鋭いなどの能力のある子に、努力をするという能力が加われば、社会に出て大いなる力を発揮することができる。もちろん挫折も時としてするでしょうが、コツコツ積み上げて来たことは、長い目で見れば大きな力になります。