卒業していった生徒に冷や冷やする一方で、毎週見ている生徒に救われます。

彼女たちは地道に練習をして、演奏会に向け努力を重ねています。

ハイドンを弾く生徒は、最近とても良く練習して来ます。元々発表会と聞くと張り切る生徒です。古典派なので地味と言えば地味ですが、ハイドンなので華やかと明るさがあります。私は大好きな曲なので、教えるのが楽しくなってきました。最初はひどかったので楽しくなかったのですが・・・

ハイドンやモーツアルトを人前で弾くのは、余程上手じゃなければ聴くに堪えない演奏になります。ですから神経を研ぎ澄まして教えています。少しでもころんでいる音はないか、汚い音で弾いていないか、左手も聴きながら弾いているか等々。

レッスン後は生徒も先生もグッタリです。いい結果を出すためにこれから一カ月半、シッカリ練習を重ねていきましょう。