他の楽器も同じですが、一夜漬けが効かないのが演奏の世界です。

勉強だとまだ電車の中でたまたま見た問題が入試に出たとか、よく聞く話ですが、ピアノはコツコツと練習するしかありません。毎日練習するしかありません。

だから今のこの時代に合わないのでしょうね。コツコツ努力するなんて・・・

生徒たちの頭の中は、『何とかなるさ・適当!・明日やればいい・間際になったら本気出す』・・・という感じ?

それでも人の事は言えないのは分かっています。私も小学生の頃は怠ける事ばかり考えていたし、今だって人に自慢できることは何もありません。

一つ上げるとしたら、やる気の乏しい子どもたちを、ここまで引っ張って来たことが自慢できることでしょうか?