昨日、2回目のリハーサルが終了しました。

ソーシャルディスタンスを取るために、3回に分けてリハを行わなければならず、体力的にきつい面もありますが、残すとこあと1回のみとなり、徐々にコンサートが近づいてきました。

昨日のリハは和気あいあいと楽しく行われ、今度のコンサートは全くの家族的なものだと実感しました。

それでも今日までの努力を、それぞれの事情の中、精いっぱいやっていて(多分・・・)、その結果が最近のレッスンにも表れています。

ここに来て漸く指が動くようになり、その結果いい音が出せるようになってきました。そしていい音が出せるようになってピアノが終わりになる!なんという勿体なさと思うのですが、それぞれがそれぞれの事情の中で生きて行っている訳ですから、致し方ないことです。

生徒たちが止めていく時にいつも思うのは、「勿体ない!」です。心の中で「勿体ない!」と呟き、お別れをしていきます。