赤ちゃんから大人まで音楽を楽しみましょう
ピアノレッスン・音楽療法セッションの現場から

月別アーカイブ: 2021年5月

ピアノをコツコツ続けた結果

ASDの障がいを持っていながら、コツコツピアノを続け、結局は直ぐ辞めてしまう健常児より上手くなる。 これって、障がいを持ったお子さんを教えている私にとっては、とってもとっても誇らしいことです。 小学6年生からスタートし、 …

アナウンサーとピアノ

女子アナになった一人の生徒。ピアノは勘弁してくれというので、ナレーションと司会の一部を頼みました。 打ち合わせは1度きりでしたが、さすがプロです。美しいよく通る声でコンサートに花を添えてくれました。 しかし、アナウンサー …

数学とピアノ

演奏者に、数学の先生がいました。中学生を教えています。 彼女は小学生の頃ずっと音楽の先生の代わりにピアノを弾いていました。その時の技術より難しい曲を短期間で弾けるようにすることにより、読譜力が付きました。その代わりレッス …

もう一人の医師はただいま研修医

もう一人演奏した医師は、今年の3月に国家試験を受け、いま研修医として大学病院で働いています。 コンサート前は卒業試験・国家試験・卒業式と大切な行事が続き、しかもその上結婚式まで執り行い、周りから見れば超多忙な日々を過ごし …

医師とピアノ

医師とピアノはとても関係が深く、共通点が結構あります。 だからでしょうか。医師でピアノを弾ける人は結構います。 ラグビー日本代表選手の中にも、今季限りで引退をして医師の道に行く人がいますが、彼もピアノ演奏をしますね。 私 …

今回のコンサートはみんなドレスアップ

今回にコンサートは、20代の生徒がほとんどだったからか、みんなドレスアップして素敵でした。 きっと結婚式に出る機会も多くなり、お洒落なドレスを持っているのですね。靴もキラキラのハイヒールを履き、前回のコンサートでは中高校 …

ピアノレッスン後のごっこ遊び

ピアノのレッスンが終わり、ごっこ遊びをしている年長さん。 勝手知ったるもので、ママとお話ししている間にさっさと出して来ました。アヒルさん親子のお茶の時間です。 この年齢のごっこ遊びはとても大切で、順調に成長しているのが窺 …

コンサートをきっかけで止めていく生徒たち

近年、コンサートをきっかけで止めていく生徒が多くなりました。 記念演奏で終了という感じですかね? 昔の事を言っても何なんですが、昔は発表会が終わると更に励む生徒がほとんどでした。舞台で弾いて気持ち良かった経験やもっと上手 …

迷った末、古典派の曲を選曲

ソロを弾いた生徒で、1人だけ古典派を選曲しました。古典派は音数が少ない分、音質・強弱・タッチなど、とても基本的なことが問われるため、素人がコンサートで弾くのは、よほど上手く弾かないと聴き劣りがします。 それでも弾いて聴か …

耳コピは時として悲劇?

耳コピができる人はとても羨ましい才能だと思います。ですが時として悲劇? そう思うのはみんな同じように教えて来たのに、耳コピのできる一人の生徒は、楽譜が読めないまま大人になってしまったのです。 とても能力の高い生徒なのに、 …

1 2 »
PAGETOP
Copyright © Music & Therapy All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.