演奏者に、数学の先生がいました。中学生を教えています。

彼女は小学生の頃ずっと音楽の先生の代わりにピアノを弾いていました。その時の技術より難しい曲を短期間で弾けるようにすることにより、読譜力が付きました。その代わりレッスンの曲は中々進みませんでしたが、中高の音楽クラブで活躍し、合唱でピアノも担当し、中学の先生になっても伴奏を続けていたようです。

子どもの頃培った力は、様々な場面で役立っていることが分かり、とても嬉しく思いました。その力をこれからも継続してほしいと思っています。