私のピアノの調律師は超一流!大学時代からのお付き合いで、コンサートピアニストの調律師としては引退しましたが、私のように長い付き合いや、彼でなくてはと言う国内在住のピアニストの調律師として現役です。少し前まではドイツまで出向いて調律の指導をしていました。

私なんぞのところによく来てくれてると思っていますが、結構ウマが合い話が弾みます。

アルゲリッチとも親しく、他の人も含めた世界的ピアニストの楽屋事情を聞いたり、コンクールの裏話を聞き、都度盛り上がっています。

コンクールとは一筋縄ではいかぬ裏事情がてんこ盛りで、昨年の日本音楽コンクールもそうでしたが、一位より二位がどう聴いてもかなり離れた実力の持ち主だったにもかかわらず、アレレの結果でした。

素晴らしい才能を持ったピアニストが抹殺されてきた裏事情を知り、ファイナル迄の険しい道のりを思うと心が痛みます。

ですから聴く側はコンクールの結果にかかわらず、良いものは良いと言い切れる耳を持たねばならないと、心から思うのです。