とっても嬉しいお知らせを母君からいただきました。突然、就職が決まったという・・

このコロナ禍、一般的に募集しない会社が多い中、障がいを持っている人々にとって、更に過酷な状況となっていました。

そんな中での就職の知らせ、心からおめでとうございます。

ピアノもとてもシッカリ練習をしてくる生徒で、コツコツ積み上げて遂にショパンまで辿り着きました。

最初はショパンの音が中々でなく、レッスンでできるようになっても、家で練習しているとまた戻ってしまうを繰り返していましたが、少し近づいてきました。更に続けてショパンをもう1曲と思ったのですが、本人が別の作曲家を弾きたいというので、ハイドンのソナタを弾くことにしました。

これからはお仕事をしながら、ピアノを楽しんで弾いてくれることを願っています。