久し振りで生徒と連弾です。バッハの「小フーガ」。パイプオルガンの荘厳な響きが耳に残っています。
二台のピアノだとまた違った音の響きになりますが、荘厳さが失われないよう、そして音の量が多くならないよう、必要な旋律とハーモニーを聴かせながらの練習です。