赤ちゃんから大人まで音楽を楽しみましょう
ピアノレッスン・音楽療法セッションの現場から

音のお部屋

器用な生徒の力作

器用な生徒の力作、12の干支の完成です。 折り線や切り線が付いているものを、取説を見ながら作るんですって❗ とても根気のいる作業ですね。根気よく作っている姿が目に浮かびます。 こう言う作業から、好きな道を見つけてくれるこ …

ピアニスト角野隼斗

角野隼斗さんのドキュメンタリーを見て、今の時代のピアニストは大変だと思いました。 見る側は精神状態を知ることができ興味深いですが、撮られる方のストレスを考えると、こう言った番組の出演は断ってもいいのではないか?それに対し …

異常な盛り上がりを見せた今回のショパンコンクール

異常な盛り上がりを見せた今回のショパンコンクール。既に2週間が過ぎているのに、ネットでは余韻冷めやらぬ記事が掲載されています。 そしてこれからの入賞者コンサートですが、1位になったブルース・リウ氏のサントリーホールのリサ …

遂にショパンまで辿り着き

とっても嬉しいお知らせを母君からいただきました。突然、就職が決まったという・・ このコロナ禍、一般的に募集しない会社が多い中、障がいを持っている人々にとって、更に過酷な状況となっていました。 そんな中での就職の知らせ、心 …

チェコの響きが失われ

大昔に聴いたチェコの響き。ヴァーツラフ・ノイマンのチェコフィルの響きが耳に心に残っている中で聴いた、今回のプラハフィル。全く違う響きに戸惑いました! が、音楽の生き字引の友人に聞いた所、チェコフィルもとっくの昔にチェコの …

務川慧悟ラフマニノフピアノコンチェルト2番

  大津市のびわ湖コンサートホールに、務川慧悟氏のピアノを聴きに行きました。 色々な意見があると思うので一聴衆として・・・ 残念ながら、ピアノ演奏以前の問題で、コンチェルトの伴奏としてのオーケストラが機能してな …

楽譜は買っても買って必要!

バッハを弾きたくなり、ウィーン原典版の楽譜を買ってきました。 バッハを勉強していた頃は、先生の指示で春秋社版を使っていました。 ですから楽譜を持っていても楽譜を買う羽目になります。 久し振りで行った銀座ヤマハで、ついでに …

子どもに必要なのは愛情、兎に角愛情!

耳だけでなく眼も頭もいい生徒は、身体の全ての感覚が研ぎすませれているように感じます。 こういうお子さんは、大人では考え難いあらゆる感情を身に受けてしまい、大人が世間話している他愛ない話からも情報をキャッチして、心と頭の中 …

高速化されていく演奏者

ショパンコンクールのプレ予選を聴いて、いやそれを聴くまでもないですが、凄い勢いでスピード化されていくテクニック。 それはそれで一つの技術で凄いなあと感心する一方で、それが前面に出て最も人を魅了する演奏になるのは恐ろしいこ …

就職活動を終えレッスンに来た生徒

就職活動を終え、レッスンに来ました。きっと練習をしていないだろう、練習する時間がなかった筈と思っていましたが、誤りでした。 シッカリと練習してありました。前回のレッスンで注意したところが全て直っていて、また1からやり直し …

1 2 3 97 »

カレンダー

2021年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGETOP
Copyright © Music & Therapy All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.