赤ちゃんから大人まで音楽を楽しみましょう
ピアノレッスン・音楽療法セッションの現場から

音のお部屋

本番に強い生徒

日曜日に演奏した生徒が昨日来たので、どうだったと聞くと、「緊張で手が震えた」と言っていました。 そうか!でも先生は気が付きませんでした。最初の音こそ不揃いだったけど、後はいつも通りかそれ以上に演奏していました。 やはり日 …

いつも通りに演奏するために、あれやこれや

自閉症スペクトラム障がいで、特に自閉傾向のある生徒は、レッスン通りに弾くことが課題となります。 特にテンポが問題になることが多く、普段より速く弾いたり遅く弾いたりと、中々安定しません。 レッスンする側も工夫を凝らし、本番 …

生徒の演奏で聴衆を不快にしてはならぬ!

悪い演奏を聴くと、いい演奏も耳に入らなくなります。 ひどい演奏を聴き、とても嫌な気分で過ごした二日間。 漸くいい演奏が耳元で鳴ってきました。 人前で演奏するということを、なんと思っているのだろう! これは私も肝に銘じまし …

綺麗なボッケリーニ

昨日演奏した生徒の一人は、どうしても弾きたいと<ボッケリーニのメヌエット>を演奏しました。 弾きたいと言われたときは、まあそう言うなら取り敢えずやってみようぐらいな気持ちでレッスンをスタートしましたが、本番にシッカリ間に …

生徒の演奏から見えてきた課題

今日の横浜のコンサートに出演した生徒は、二人とも合格点を上げられる演奏をしました。 二人とも前日運動会でしたが、中学生と高校生と既に大きくなっていたので、体調面のコントロールは上手くできたようでした。 1人は終わった後に …

曲の仕上げ段階の時期と運動会が重なり

20日が本番の生徒。前の日、つまり明日が運動会です。 運動会は1日で終わりますが、運動会の毎日の練習が堪えています。 最近の天候は5月でも蒸し暑く、晴れるとカンカン照りになり、その中の運動会の練習が体力を奪っていきます。 …

ASDの子どもたちが出すサイン

お休みが堪えるASDの少年。今月は1度しか来られなくて、次回は3週間後。 そのお話をママとしていると、自分の存在をアピールする印にボールをお部屋の片隅にそっと置いて帰って行きました。 「先生、ボクのこと忘れないでね!」と …

20日の本番前に本気モード

20日に本番を迎える高校3年生のピアノ生徒。 本番前の最後のレッスンで見せた姿は、弾く前に楽譜の注意書きを確認し、頭に入れて弾き始めました。 私がレッスンの準備をしているほんの5分間ぐらいでしたが、こんな姿を見たのは初め …

音楽療法に長年携わって感じること

今年、音楽療法士の資格試験の五回目を更新をしました。 長年携わって思うことは、個人セッションの中においては、親御さんの存在がとても大切に思います。 これは障がいがあるなしにかかわらず全てにおいて言える事ですが、子どもたち …

根気強いご両親にエール!

今年小学6年生になった生徒。私の所に来て既に8年目ですが、小学校最終学年になり、とても成長したのを実感しています。 今まで会話の中で冗談を言うこともなく、表面的な会話が多かったのですが、この数カ月で見違えるほど会話力がア …

« 1 2 3 4 53 »

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
PAGETOP
Copyright © Music & Therapy All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.