赤ちゃんから大人まで音楽を楽しみましょう
ピアノレッスン・音楽療法セッションの現場から

音のお部屋

コンサートに向け、順調な仕上がり

12月のクリスマスコンサートは、私の生徒が二人参加しますが、昨年も参加した生徒は、暗譜もして順調な仕上がりです。 リズミィカルな曲を得意としない彼女に、リズミィカルな曲を弾けせることにしてしまった私。リズムに関してはまだ …

完璧な教室の光景

自閉症の子が作った、とても整理された学校公開の情景です。 滑り台の、整然と並んだフィギュアが気になりますが、教室の光景は完璧です。

根っから明るいピアノの生徒

何故かピアノを弾きながら笑って叫ぶ生徒がいると、先日書きましたが、小学2年生のこの生徒も、いまだにまだ笑ったり話したり。1年生の時よりは減ってきましたが、それでも弾きながらブツブツ… この生徒は年少さんの時から本当によく …

自閉症児のピアノは軌道に乗るまでが大変ですが・・

自閉症児のピアノレッスンは、軌道に乗るまでは時には困難を極めますが、いったん軌道に乗ると彼らの持ち味が出て、スムーズに上達していきます。 持ち味の一つに、耳がとてもいいことがあげられます。発想記号の理解が及ばなくとも、私 …

純粋無垢な心の、そのままの音!

9年前のクリスマスの頃、私の所に来た一人の少女は、今年四月で中学生になりました。 全てのことに恐怖心があり、電気の光・救急車のサイレン・突然現れる人・ピアノの音等々・・・ 一つ一つの恐怖心を取り去り、ピアノも弾けるように …

心根の優しい少年

扉の前でご挨拶?ちっちゃなアヒルさんを並べたこの少年は、とても心根の優しい子です。 扉を開けたらこのアヒルさんが、「こんにちは」とお迎えしてくれます。来週までこのままにしておいてという希望も虚しく、次の次に来た生徒が蹴っ …

左手のシンコペーションは難しかったか

いつも直ぐ弾けるようになる生徒が、新曲に苦労しています。 何故かしらと思い、今日弾いてみて理由が分かりました。メロディーラインの右手は簡単ですが、左手にシンコペーションがたくさん出てきて、それがネックとなっていたのです。 …

ヘ音記号も読めるようになってね

今日の二人目の生徒。ピアノはやんない、やりたくないというので、トーンチャイム・リズム練習・音読み等をやってきました。音読みは、学校のリコーダーの練習で結構やっているので、ト音記号に関してはほぼ完璧。ですがヘ音記号もなんと …

期待に応えなければと、押し潰されないように

繰り返し、同じ遊びをする子がいます。それはアヒルのタワーを作る・障害物とその先にゴールを作り、その中にピンポンだまを入れゴールする。 この二つの遊びに、この子の願望が現れているのではないかと思っています。 アヒルタワーは …

おかしなピアノの生徒たち!

ピアノの先生として姉妹兄弟を教える機会が多いですが、同じ親から生まれているのに、1番目と2番目の違いにいつも笑わされます。 最初に生まれた子は長女であれ長男であれ、真面目にきちんとレッスンを受けます。ところが2番目になる …

« 1 29 30 31 36 »

カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © Music & Therapy All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.