赤ちゃんから大人まで音楽を楽しみましょう
ピアノレッスン・音楽療法セッションの現場から

音のお部屋

春休みは新生活に向けての準備期間

春らしい三連休から一転、雨の中、最初に来る生徒は自転車です。20分~30分かかる距離を、子どもを乗せて雨の中来るのは大変ですね! この春に卒園し、もうすぐ一年生ですが、年中さんの夏に来てから今まで、ママの雨にも負けずがあ …

ピアノ練習前にジムへ

気持ちのいい日和ですね。今日はジムへ行き、心身ともリフレッシュして帰ってきました。 さあ、これからピアノの練習開始です。 ハクモクレンが青空に映えます!

5月のコンサートの選曲終了

5月末のコンサートの選曲を終えました。歌の仲間は今日参加しなかったですが、歌う時間と他の曲目を伝え、聴き手に合った曲目を選んでもらうことになりました。 今回のコンサートは、横浜にある重度の障がいのある方々の施設です。18 …

コンサートの曲えらび

これからコンサートの曲選びで、仲間の家に向かっています。 5月と6月に続けてコンサートの依頼があり、二つのコンサートの選曲です。 楽譜をドッサリ持っていき、仲間の楽譜と共に、音花の樹にフィットした音選びです。

生徒たちも落ち着かない卒業シーズン

三月末、高学年は卒業式の練習で、落ち着かない日々を過ごしています。 特に5年生は自分が卒業するわけでもないのに、卒業式の練習で少々ウンザリしています。 何が一番いやかって、いつもは優しい先生がピリピリして怖いことらしい。 …

生徒のバックグラウンドを知った上でレッスン

スポーツ観戦をしていても、「とにかく自信!」と解説者は言います。 今生で生きていく上で、自信は必要不可欠のものと言えるかもしれません。 ピアノの生徒で自信の持てない子は、勉強面でも自信を持てないでいます。きっとそれだけで …

小2のピアノの生徒とアメリカ大統領の話とは!

小学2年生の生徒と、レッスンの合間にアメリカ大統領の話をしました。 私から問いかけたのではなく、生徒の方から「トランプとクリントンはどっちが好き?「トランプとオバマでは?」と聞かれ、真意は何かと考えながら答えると、「先生 …

苛めをどう捉えるか?

学校内の苛め。昔からあったけど、昔は自分たちで解決する能力があったなと思う一方、最近は荒んだ心の闇を弱い者に向ける悪質なものも増えてきて、子どもたちだけでは解決できない問題に発展していっています。 私が見てきた子どもの中 …

新しい曲にクレームを出す理由は?

もう直ぐ小学2年生になる生徒。 新しい曲を選ぶときに、いつもクレームを出す。 「ええ~、こんなムズイ曲、気分転換にならない!」 は~っ・・・気分転換ですか! 小学1年生の子が何の気分転換かしらと思いながら、面白い発想にニ …

もう直ぐ1年生

幼稚園が卒園体制に入り、あと少しで3年間の幼稚園生活も終了です。ざわつく周辺を尻目に、変化に弱い自閉症児が調子良く過ごしています。先週1回お休みだったので、来た時には私を無視しようと努めていましたが、私も知らん顔をしてい …

« 1 34 35 36 53 »

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
PAGETOP
Copyright © Music & Therapy All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.