赤ちゃんから大人まで音楽を楽しみましょう
ピアノレッスン・音楽療法セッションの現場から

音のお部屋

自信のない生徒には

自信のない生徒には、今の実力に見合った曲と易しい曲を与えるようにしています。もっと自信のない子には、うんと易しい曲をだして自信がつくのを見守ることにしています。 自信のない子には自信を持たせるのがとても大切なことです。先 …

音花の樹コンサート

音花の樹という、セラピストであり演奏家でもある5人のグループを立ち上げてから、三年目に入りました。 立ち上げた時は1回だったコンサートが、今年は3回の予定です。 メンバーそれぞれが仕事・家庭を持っており、超多忙な中の演奏 …

大人になった生徒

こちらは今年21歳になる大人になった生徒。でも小学生から見ているので、いまだに○○ちゃんです。 クリスマスコンサート後、中々エンジンがかからず、やっとこの時期になって譜読みを終えました。 今の曲が仕上がらなければ、次のコ …

ピアノ、何度目かの軌道に乗るか?

私が体調を崩し休んだことを、とても心配してくれた生徒がいました。 心配事があると同じフレーズを繰り返す子でしたが、最近それもなくなり、話もよく理解し会話もスムーズになってきました。 でもこの日は繰り返し「先生、大丈夫かな …

親の希望と子どもの能力が異なる時

親御さんの希望に子どもの能力がついていっていない時に、多くの悲劇が生まれるのを見てきました。 最も分かり易い世間的な例では、お医者さんの子弟が、相応しくないのに医者になることを親が決めている例です。親殺しの事件になること …

新曲を与えてから1か月後のレッスン

お互いに休んでしまい、2曲の新曲を出してからレッスンまで1ヶ月も経ってしまいました。高校2年生のピアノレッスンです。 古典派の曲の譜読みはできていましたが、ロマン派的な曲の方は面白い譜読みをいたるところにしてきていて、笑 …

小さいながら自分流の演奏スタイル

小学2年生ながら、自分の演奏スタイルを持っている生徒。 私がお休みしてタップリ時間があった中で、曲を理解し仕上げてきました。 スラーの切り方を少し注意しただけで、何も言うことなし。 趣味でピアノをやっているだけですが、未 …

特別支援学校に通う、ピッカピカの1年生

ピッカピッカの小学1年生。特別支援学校通学のために、この4月よりバス通学のスタートです。 今週より給食も始まり、何もかも新しい毎日です。 朝は「学校に行かない・バスに乗らない・給食食べない」と言って学校に向かう1年生です …

弱気な先生も回復し

昨日はまだ体調不安から弱気でしたが、二人目のピアノの生徒を見ている頃から、霞が晴れるが如く。回復して来ました。 火曜日水曜日とお休みしてしまったため、ご父兄の方にずいぶんご心配をかけてしまったみたいです。 今まで体調を理 …

先生もシッカリしなくては

体調不良でレッスンを休んでから、久し振りの火曜日の生徒です。 やはり1週間も寝込むと回復は遅れ、それは溜まった家事やらなんやらを1度にしなくてはいけないからで、もう少し徐々にやって行けば回復も早いのですが、そうもいってら …

« 1 39 40 41 60 »

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGETOP
Copyright © Music & Therapy All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.