赤ちゃんから大人まで音楽を楽しみましょう
ピアノレッスン・音楽療法セッションの現場から

音のお部屋

ママと相性の悪い子

何故この子が私の元にやって来たのだろう?時々かいつもか、ママは1度や2度必ず疑問に思うことです。 傍から見るととてもいい子でも、ママにとっては我が子のやることなすこと全て気にくわなく、「どうして私の言葉が届かないのだろう …

大人の発達障害

幼少時代には見過ごされてきた発達障害。その子供たちが大人になった時に、生きにくさ故に様々な問題が生じてきています。大学生活までは、授業に参加し好きなアルバイトをしてと自由な生活でクリアしてきたとしても、さて就職となった時 …

赤ちゃんからと言うよりお腹の中から音楽を

胎児の記憶のある子どどもがいることは、一般に知られています。私のところに来た子供の中にもいたし、親しいママの子の中にもいました。 偶々二人とも帝王切開で生まれた子で、「ナイフや包丁が突き刺さった。それからとっても眩しかっ …

2年ぶりで復帰したピアノの生徒

2年前に中学校生活が忙しく、辞めたというかお休みしていたのか・・・その生徒が2年ぶりに復帰して来ました。 何でもずっとピアノを弾いていたとかで、この曲もあの曲もと結構ピアノに触れていたことが分かりました。 彼女曰く「私の …

自閉症児のピアノレッスン

自閉症児のピアノレッスンは、私のところに来る全ての子にできるとは限りません。 先ずピアノを持っているか或いは買うつもりがあるかどうかで、第一関門はクリアです、 ピアノを教える前に暫くセラピーの中で相互関係を作り、そこから …

セラピストとしてのピアノ演奏は、練習あるのみ

ピアノの演奏から遠ざかって○○年?人前で演奏することから遠ざかっていたという意味ですが、<音花の樹>を立ち上げてから、本格的な練習を再開しました。 再開して1年4ヵ月経ちましたが、かつての技術には遠く及びません。ですが何 …

音花の樹

昨日は、音花の樹のミーティング。メンバー5人全員揃った初めてのミーティングでした。 <音花の樹>とは、昨年私が主催所となって立ち上げた演奏グループで、メンバー全員がセラピストとして何らかの仕事に携わっています。 本格的活 …

今までで一番よく弾けたね!

ピアノを教えているとある瞬間、個々の生徒が驚くほどいい演奏をすることがあります。 今までいくら言っても中々弾けるようにならなかったことが、全てクリーンに弾けたときに、喜ぶのはもしかして先生の方かもしれません。 音を間違え …

練習していないと、挙動不審に

子どもってピアノの練習をしてこないと、様々な行動にでます。 ピアノの椅子に中々座らない子。ずっと喋り続けてピアノを弾かない子。いざピアノの前に行くと、練習してこなかった言い訳をずらずらと話し、いったいいつになったらピアノ …

理解や上達のコツ、ここにあり

新しく入ったピアノ生徒。新しい曲を開くと、次々と質問が飛びます。 「これはなーに?これは?」と・・。これって、小さいながらに知っていることと知らないことを振り分ける頭を持っていると言うことです。 同じ質問を幾多の生徒にし …

« 1 95 96 97 98 »

カレンダー

2022年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGETOP
Copyright © Music & Therapy All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.